地裁 伊方原発に対する操業差し止め要求を棄却

www.reuters.com

 地方裁判所四国電力伊方原発3号機に対する運転差し止め要求を棄却したことを受け、発電所の職員は、この去年の8月からの稼働を後押しする動きがあると語った。
 大阪高等裁判所の判断と同じように、広島地方裁判所のこの判決は、近隣住民が安全性に対して不安を感じている今、再稼働の遅れのリスクのある原子力発電業者への救済となる。